「やめられない!」行動をやめる

子どもを叩いてしまうお母さんへ

投稿日:2019年2月16日 更新日:

悩む女性

こんにちは。雨宮です。

ここのところ、
テレビをつけると一日に何度も
児童虐待のニュースを目にします。

痛ましい事件の数々に
心を痛めている方々も多いことと
思います。

また子育ての中で
ついつい子どもを叩いてしまったという
経験がある方は、

「虐待」

という言葉にドキッとされることも
あるかもしれません。

カウンセリングに来られる方にも、
ご自身のお子さんへの対応や躾が
良くなかったのではないかと
思い悩んでいる方はとても多いです。

一生懸命育ててきたのは確かだけれど、

「あれは良くなかったのではないか」

「あの時のことが影響しているのでは」

と、つい自分に何かが足りなかったと
感じることばかりに目が向いてしまう。

「私は悪い母親なのでは」

とご自身を責めてしまうんですね。

でも、子育ては本当に大変なお仕事です。

お子さんを育てることは言ってみれば
(言葉は悪いかもしれませんが)

野生をもって生まれたヒト科の「動物」を
ちゃんと社会で生きていける「人間」に
しつけることとも言えます。

やんちゃ盛りのお子さんに理屈が通じず
言うことを聞かないのを持て余すのは
当然ですし、

子どもが悪いことや危険なことをした時に、
叱ろうとしてつい手が出てしまうというのも
場合によっては無理からぬことだと思います。

お子さんをとても大切に思い、
ちゃんとした大人に育てたいと思うと
ついご自身のできていないことが
目についてしまうかもしれませんが、

一人の人間を生み育てるという偉業に
毎日毎日携わっているご自身を
もっと認めてあげて欲しいと思います。

それでも、中には

「子どもが悪いことをしていなくても
つい衝動的に叩いたり、
強い言葉で怒鳴ってしまう。

そんなことしちゃいけないと思いながら
なぜか子どもといるとイライラが嵩じて
自分をコントロールできない」

と悩まれている方もいます。

お子さんを躾けるためにやむを得ず、
というよりも、

ご自身のストレスなどが衝動的に
お子さんに向かってしまうのですね。

こういう場合は、お母さん自身の
ストレスを減らしていくことが必須です。

家庭の中で、共働して
育児をしてくれる人がいますか?

もしご家族の状況などによって
育児を一人で抱え込みがちな場合は、

できる限り周囲のお友達や
サポートを提供しているグループ、
組織などと繋がることで、

ご自身がより安心感を得ながら
少しでもストレスを解消することを
図っていただきたいと思います。

もしお母さんのストレスが嵩じることで
お子さんに対して

「いけないと分かっているけど
やってしまう」

ということが長く続いてしまうと、

お子さんが大人になっていく過程で
自己否定感や無価値感を感じやすく
なってしまったり

お母さん自身がその後の人生で
過去の子育てについて
自分を責めてしまうことに
なりがちです。

もし今この文章を読んでくださっている
あなたが、

「いけないと思いながら
なぜかイライラが嵩じて
自分をコントロールできない」

という状態を経験しているなら、
まずは他でもないあなた自身のために、
できるだけ早くその状態から
抜けることを考えてください。

そのためひとつ、
試していただきたい改善策があります。

ここからそれをご紹介しますね。

まず、どんな時にお子さんに対して
叩いたり怒鳴ったりといった

「本当はしたくない言動」

をしてしまうか、
またはそうしたい衝動が起こるか、
ご自身を観察してみてください。

大抵の場合、
そこには一定のパターンがあります。

たとえば、子どもがトイレで粗相を
してしまったとき。

早く出かけなくちゃいけないのに
いつまでもグズグズと
支度できないでいるとき。

子どもがちょっとしたことで喜んだり
浮かれたりしていて、
なんとなく調子に乗っていると感じるとき。

お母さんであるあなた自身が
何かで失敗したり、

家族や仕事、友人関係やお金のこと等で
不安・不満でいっぱいな状態のときに
お子さんから話しかけられたとき。

などなど。

いろいろな場面があると思います。

そしてご自身のパターンが分かったら、
今度はその場面であなたがどんな
身体の感覚や感情、気持ちを感じているか
観察してみましょう。

肩や腕に力が入っているかもしれないし、

頭がカッカして
イライラしているかもしれません。

自分が責められているように
感じているかもしれないし、

「周りの人はどう思うだろう」
と、とっさに人の目を気にしている自分に
気づくかもしれません。

こんなふうに、お子さんのふるまいが
あなたの中の何を刺激しているのか。

それに気づいていきましょう。

そして、たとえば
いつも怒鳴ってしまう場面では、
肩に力が入って、内心

「私は悪くない!」

と感じていることが分かったら。

すぐにその場で、心の中で、
あなた自身の心と身体に対して

「この反応をしてくれて、ありがとう」

と伝えてみてください。

その自分を責めるのではなく、
お礼を言うのです。

「肩に力を入れてくれて、
私は悪くない!と感じてくれて、
ありがとう」

と伝えるのですね。

「え…?」

という感じでしょうか。

確かに、ここだけ読むと
なんだか不思議な気がしますよね。

「そんなことで本当に変わるの?」

と思われるかもしれません。

でも一度試しにやってみていただくと、
不思議と叩きたい、怒鳴りたい衝動が
スッとラクになるのが分かるはずです。

この心理的なメカニズムの説明は
長くなるので別の機会に譲りますが、

あなたがイラッとしたり、
ついお子さんを叩いたり怒鳴ったり
してしまうのは、

実はあなた自身も気づいていない
深層心理(無意識)が
何らかの危険からあなた自身を
守るために起こしている

「衝動的な防衛反応」

なのです。

ですから、
そんなふうに守ってくれている
心と身体の働き、つまり無意識に対して
お礼を伝えるのです。

すると、いつもの場面で感じていた
子どもを叩きたくなる、怒鳴りたくなる
衝動が弱まるはずです。

あなたが自分を守ろうとしている
無意識の衝動に気づいて

「守ってくれてありがとう」

と伝えると、無意識はその衝動を
理解されていると感じて
それ以上訴える必要がなくなるためです。

これはかなり即効性があります。

騙されたと思って
ぜひやってみてください。

やりたくないことをやってしまう
自分を責めても、何も変わりません。

むしろその自分を受け容れ、
理解しようとすることが
結果として変化を生み出します。

やってみると分かりますが、
自分にお礼を伝えてみると、
身体全体が少しホッとした感覚を
覚えるはずです。

自責の念がやわらげば気持ちも軽くなり、
心に余裕ができて明るい気持ちになります。

お母さんにとって
子どもの笑顔が宝物であるように、
お母さんの笑顔もお子さんにとって
なにより嬉しい宝物。

二度とは戻らない子育て期を
お子さんと一緒に楽しんで、
すてきな思い出をいっぱい作るためにも、

ぜひご自分をいたわって、
ねぎらってあげてくださいね。

上にご紹介したこの方法は、
当サロンの個人セッションとしても
ご提供しています。

セッションではあなたの感情と行動、
またその背景にある無意識の働きを
より詳しく観察しながら、

「ついやってしまう」という衝動や
自責の感情について、
短時間で根本的な変化を図ります。

ご興味をお持ちいただいたら
ぜひ一度お試しくださいね。

詳しくはこちらからどうぞ。

それでは今日はこの辺で。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

-「やめられない!」行動をやめる

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした