こんにちは。雨宮です。

さて突然ですが、あなたには何か口グセがありますか?

どんな口グセを持っているか、自覚されているでしょうか?

カウンセリングでお話を伺っていると、その方の口グセが明らかに表れることが多いです。

またその口グセがどういう思考回路を通って発せられるのかという、その方独特の思考パターンが見えてきたりもします。

すごく多くの方が持っている口グセの一つは

「なんでだろう?」

です。

「つい○○しちゃうんですよね~、なんでだろう?」

「こんな問題が起きちゃって…なんでだろう?」

「私ってこういう所あるんですよね~、なんでだろう?」

と、語尾に「なんでだろう?」が付くんですね。

少し前に、お笑いコンビ「テツ&トモ」さんの「なんでだ・なんでだろ~」が流行りましたが、あれだけヒットしたのもうなづける気がします。

多くの方が知らず知らずのうちに自分に問いかけている、すでに無意識に馴染んでいるフレーズなのですね。

大衆の無意識にある情報を刺激するものは、爆発的にヒットしたりします。

「なんでだろう?」

という口グセ(思いグセ)がある方は、おそらく自己探求欲求、向上意欲が強い方だと思います。

そして自分の問題を解決したり、目標を達成したり、これが欲しい!という希望を叶えるために、今の自分が変わらなければと感じると、真摯に自分に向き合いながら

「私が今の私なのは、なんでだろう?」

と思案されていたりします。

でも実はこの口グセ(思考法)は、問題を解決したり、目標を達成したり、欲しいモノを手に入れるためには、あまり役に立ちません。

「なんでだろう?」

と原因を考えても、現実は変わらないのですね。

なぜなら、「なんでだろう?」と問いかけている時、私たちの脳裏に浮かんでいるのは、もうすでに過ぎてしまった過去の自分だからです。

未来の行動は今から創っていくことができますが、変えられない過去の自分を見つめている限り、未来の自分には意識が向きづらいのです。

では、未来の問題解決、目標達成、願望実現のために役に立つ口グセはなんでしょう。

それは

「私はそれをどうしたいだろう?」

です。

当然といえばあまりにも当然ですね。

そしてあまりにも当然すぎて、多くの方が気づいていない所でもあります。

「つい○○しちゃうんですよね~、私はそれをどうしたいだろう?」

「こんな問題が起きちゃって…この状況がどうなったら私は満足かな?」

「私ってこういう所あるんですよね~、それを私はどうしたいのかな?」

と言う感じですね。

「私はそれをどうしたいだろう?」

という質問は、今と未来を向いています。

先日の記事でも書きましたが、私たちの脳は何か質問を与えられれば、必ず答を出そうとします。

ですから、

「なんでだろう?」

と自問すると過去の「原因」「理由」と思われることが、

「どうしたいだろう?」

と自問すれば未来の「在りたい姿」が、脳裏にちゃんと浮かんでくるのです。

「なんでだろう?」

と考えることは分析的な知的作業ではありますが、これをしている間は何も変わらないまま時間だけが過ぎていきがちです。

現実を変えられるのは、今と未来のイメージに働きかけることができる言葉。

「なんでだろう?」ではなく「どうしたいんだろう?」なのです。

このブログを読んでくださっているあなたが、もし今なにか現状を変えたいと思っていることがあったら。

自分に「なんでだろう?」と問いかけていないか、自己観察してみてください。

そして「それを私はどうしたいんだろう?」と改めて問うてみると良いと思います。

すると、あなたの中に(それを現実に行動するかどうかは別として)

「あ、私こうしたいんだ…」

「こうなればいいなと思っているんだ」

という感覚が湧いてくると思います。

まさに、「答は本人の中にある」のですね。

自分の口グセに気づくのは、自分をより深く知るとても良い方法です。

それでは今日はこの辺で。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ヒーリングコア 雨宮 利枝